おせちで使われる食材

おせちで使われる食材

おせち料理の食材も昔から伝わってきた伝統的なものばかりです。
それぞれ意味があり、おめでたい食材語呂合わせで願いが込められているものが多いです。

黒豆

祝い肴三種のうちの一つ。黒豆を表面にシワが寄らないように砂糖で甘く煮たもの。
  まめ(まじめ)に働いてまめ(健康)に過ごせるようにとの願いが込められています。
  黒は邪気を払うとされ、黒く日焼けするほどまめに働けるようにとの意味もあります。

数の子

祝い肴三種のうちの一つ。ニシンの卵を薄皮を取って漬け汁に漬けたもの。
ニシンを「二親」とかけて、また数の子は卵の数が多いことから子孫繁栄を願って食べられています。

田作り

関東では祝い肴三種のうちの一つ。片口鰯の小魚(ごまめ)を佃煮にしたもの。
片口鰯を田んぼの肥料にして豊作となったことから「田作り」と呼ばれ、ごまめは「五万米」とかけて五穀豊穣を願ったもの。

たたきごぼう

関西では祝い肴三種のうちの一つ。ごぼうをゆでてから叩いてお酢などで和えたもの。
ごぼうは地中深く根を張るので、家の基礎がしっかりするようにとの願いとが込められている。
又、たたきごぼうの形が豊年の象徴である黒い瑞鳥に似ていることから豊作の意味もあります。

昆布巻き

にしんなどの魚を昆布で巻き、かんぴょうで結んで煮たもの。
昆布は「喜ぶ」とかけておめでたい意味を持つ。また「子生」の字をあてて子孫繁栄を願う意味もあります。
昆布を巻くことから、巻物に見立てて文化や学問を象徴しています。

伊達巻き

白身魚やエビのすり身を卵と出汁を合わせ、甘く味付けして焼いて巻いたもの。
「伊達」の由来は華やかさや派手さを表しており、「伊達者(おしゃれさん)」の着物の柄に似ていたことなど諸説あります。
巻いてあるのは巻物に見立てて、文化や学問が発展するようにとの願いもあります。

栗きんとん

栗の甘露煮に栗やさつまいもの餡を練ったもの。
きんとんは漢字で書くと「金団」となり、金色の団子を意味し金銀財宝の金運を願ったもの。

紅白かまぼこ

おめでたい紅白二色のかまぼこ。
かまぼこの半円形の形は日の出を象徴しているとされます。赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

紅白なます

大根と人参を酢漬けにした紅白のなます。本来は生魚を使用したことからなますと呼ばれています。
祝い事に使用する紅白の水引を表しています。平安の願いが込められています。

えびのうま煮

有頭のえびを「つ」の形になるように煮たもの。
えびはひげが長く、腰が曲がった姿から長寿の象徴とされています。赤い色は魔除けの意味もあります。

煮しめの蓮根

蓮根を煮しめたもの。
蓮根は仏様のいる極楽の池に生えていて縁起の良い食べ物と言われています。
また、穴がたくさんあいていることから将来の見通しがきくという意味もあります。

いくら

鮭の卵である筋子をばらして醤油漬けにしたもの。
数の子と同様に子孫繁栄の意味がありますが、いろどりの良いいくらは子宝に恵まれるようにとの願いが込められています。

トップへ戻る