おせち料理の由来(ルーツ)

おせちとは何か?

お正月と言うと子供のころから有無を言わさずおせち料理が用意されていたものですが、意味も分からずお正月気分を味わうように食べていたように思います。

核家族や一人暮らしが増え、おせちを用意することが少なくなってきていますが、その意味を知ると食べる楽しみも増し、作ることの意義も高まって、神聖な気分でお正月を迎えることができると思います。

まずは「おせち」の名前の由来を調べてみましょう。
パソコンで「おせち」と入力して変換すると「御節」と出てきます。

「節」は「節句」の略で、「節句」は季節の節目となる日のことで、伝統的な行事が行われます。
日本では様々な節句があり、3月3日の桃の節句や7月7日の七夕などにもそれぞれ節句料理があります。
今日では、その中でも最も重要な正月の節句料理を「御節料理」と呼ぶようになりました。

おせちを重箱に詰めるのにも意味があり、重箱はめでたさを重ねる意味から使われています。
現在では三段重や更に簡略化された二段重のものが多いですが、本来は五段重、もしくは四段重が正式なものと言われています。
四段重は春夏秋冬を表すと言われ、五段重は、五行に由来する暦の土用であるなど諸説あります。

更に重箱の詰める場所にも決まりがあります。
一の重には祝い肴、二の重には焼き物、三の重には煮物または酢の物、四の重には酢の物または煮しめ、五段重の場合は、控えの重として用いられていたと言われています。

おせちを作ってくれたお母さんやおばあちゃんはこうした知識にも精通していたんですね。

元々はお膳に盛られたものをおせちと呼んでいましたが、明治時代以降重箱に詰めるようになってきたようです。
今では重箱にきれいに詰められた見栄えの良さがおせち料理の売りと言っても過言ではないですね。

また、日持ちのするおせち料理は、お正月くらいお母さんたちが家事を休めるようにとの意味もあると言われています。

トップへ戻る